使わないその切手、価値あるものかも!

切手を売る前に確認するべきこと

昔から切手集めに凝っていたけど、引越しのタイミングや大掃除のタイミングでそろそろ売ろうかな、と考える人も多いのではないでしょうか。しかし、切手を売るには具体的にどうすればいいのでしょうか。
切手を売るにあたりまず初めにすることは、自分の持っている切手を把握するところから始めます。ほとんどの人は切手をファイルに保管しています。昔に集めた切手もありますし、常に全額を把握することは難しいでしょう。また、家族の所持品である可能性もあります。その場合、持っている切手の種類を把握するために、切手カタログと照らし合わせることが大切です。そうすることで切手の名称や価値の高い切手を把握することができ、切手を売るときに役立ちます。大量の切手を自分で価値のわからないままファイルごと売りに行っても、相手も自分も正しい価値を把握することができないからです。
また、裏の糊がはがれている切手や、シミやシワ、折れのある切手は買い取ってもらえない可能性が高いので注意が必要です。

どんなお店で売るのがいいか

初めて切手を売る場合、相場もわからず不安になってしまいます。せっかく売るのであれば、少しでも高く売れるお店を探しましょう。まずは価格買取表を見て、相場の高そうなお店を選びましょう。しかし、切手は価格変動が激しいため、買取価格表を配布してくれる店はあまり多くありませんが、逆に言えば買取価格表を出しているお店は信用度が高いとも言えます。
またお店を選ぶ時には、インターネットを使うことをおすすめします。実店舗ではなく、インターネット上でやりとりを行うことで人件費などの無駄なコストを下げ、買取額を上げているお店が多く存在します。
また、査定料やキャンセル料は無料かどうか、バラ切手を仕分ける必要があるかどうか、切手専門の鑑定士がいるかどうか、などの点も確認しましょう。細かい点ですが買取額は大きく変わってしまうので、最後には必ず確認しましょう。